つれづれなる技術屋日記

しがない技術屋。専門は情報工学で、「つれづれ技術屋」って呼んで。

「アンビエントオーブ」よりも警告灯?

時間かかってるけど、読んでる最中のが左の「継続的インテグレーション入門」。 その中で、目についたのが「アンビエントオーブ」。ビルドでの状況を通知するための利用での例として書かれていた。ビルドで警告メッセージが発生してネット経由で通知すると、その通知内容によってランプが点灯するといったイメージ。通知内容で色が変化する。少し面白そうと思って、調査した。ただし、この本でも日本での使用は、(無線の関係で)難しいと。
他のちょっと類似する商品を含めて、置いたときのイメージが分かりやすいのは以下かな。 http://pingmag.jp/J/2007/01/10/top-5-wi-fi-toys-at-home/ インテリアとしては良い。少しほんのりとした感じ。ただし、ビルド失敗のような状況には、どうも似つかわしくない気がした。ビルド失敗と聞いて、ついついサーバー室などの警告灯をイメージした。で、そちら系を調査。例えば、「警子ちゃんⅡ」。 http://catalog.infocreate.co.jp/?m=show&eid=349 ただし、こちらは無線ネットワークが駄目みたい。また、上のアンビエントオーブよりは値段が高い。 ちなみに、警告灯で旗みたいなのが上がるタイプを見かけた気がするが、ネットではすぐに見つからなかった。旗を揚げるのは、自作だったのかもしれない。 個人的には、警告灯の方が良さそうに思ってしまった。余り無線に拘る必要もないかと。(ただし、そもそもこの類に、お金をかけることを嫌う人たちがいるかもしれないけど。)

©2005-2020 ほんだ事務所(honda-jimusyo) All rights reserved.