つれづれなる技術屋日記

しがない技術屋。専門は情報工学で、「つれづれ技術屋」って呼んで。

HER-SYS(ハーシス) 新型コロナウイルス感染者等の情報電子化

今日のNHK ニュースウオッチ9で、HER-SYS(ハーシス)が取り上げられた。正式名は、新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム(Health Center Real-time information-sharing System on COVID-19)。

番組では、手書きFAXをシステム入力することもあって、システムがかえって負荷になるのも問題だみたいなコメントだった。まっ、IT化などでの弊害としては良くあることで、先々を考えると、克服していくんだ~みたいなコメントなり、方向への意識が必要と思う。(別番組?あたりのコメンテーターとか政治家さんは、非難材料にするんだろうけど。)

で、新型コロナに関するIT情報に関しては、別途まとめようと思ってるけど、HER-SYSというシステム名がわかったことで、より具体的な考察が出来る。細部を調べたら、5月あたりでの発表とかもあって、自分として気付くべきだったかも知れないが、、。

なお、せっかくシステムがあるのに、直近の帰省自粛すべき/自粛しなくても良いとか夜の街云々の呼びかけが概念的過ぎてギャップを感じてしまう。最近は家庭内感染が多いなどを数値で示している少し良くなったとも言えるけど、もっとシステムを利用した分析や数値で呼びかけるべきだと思う。(家庭内感染等も、さらにより具体的な原因=本来の感染経路の細部調査とかを示してもらう方が、予防に備えられるんだが。)

ちなみに調べたら、東京都の導入なり移行が、7月下旬だったそうな。感染者数の数値訂正はこれが関係してたのかもしれない。個人的には、東京都がもっと早めに導入なり、IT化への意識(+分析への意識)で取り組んでいたら、ちょっと違った8月になったのかもしれないとも感じた。

 
 
©2005-2020 ほんだ事務所(honda-jimusyo) All rights reserved.