つれづれなる技術屋日記

しがない技術屋。専門は情報工学で、「つれづれ技術屋」って呼んで。

「ハロウィン」と「棟上」

今日の夕暮れ時の帰宅。自宅までの1/3位の所で大きな歓声。子供も。普段はあまり子供の声のしない区域なので、??? 見たら、2、3家族くらいがハロウィンの準備。大人も結構はしゃいでいた。

で、ちょっと歩いた自宅まで2/3位の所でも子供の声。今度は複数の大人も。何だろうと思って周りを見たら納得。棟上。棟上は、2、3週間くらい前に、自宅から20、30メートルしか離れてないところでも実施してた。

2、3週間前のときに思ったけど、”棟上”(むねあげ)って結構日本的。しかも面白い事に、レビューとか完成までのチェックポイントと考えると、開発などでも大きなイベントになる。近所の人とかに骨組みが分かるんだから、作る方もうかつな事はできない。そうやって、建築はプロセス化したんだ。そんなとこは、見習うべきだよな。

ちなみに、海外(アメリカ)とかで棟上があるか調べたけど、ブログとかに書いてあるのもある。日本のように、何かばら撒くような写真にまではたどり着けなかったけど。ウィキペディアには、アメリカの国会議事堂の棟上の文がある。

また日本とかでの高層ビルなどでやるのか気になったけど、そちらは見つからなかった。やはり、高層ビルだとやらないのかも。式典みたいのがあるかもしれないけど、聞いた事は無い。やはり、完成とか引渡しのイベントしかないのかな。

©2005-2020 ほんだ事務所(honda-jimusyo) All rights reserved.