つれづれなる技術屋日記

しがない技術屋。専門は情報工学で、「つれづれ技術屋」って呼んで。

フィリピン人の介護師受け入れと継続教育

以前から問題となっていた、フィリピンからの看護師などの受け入れが決まったそうだ。当初2年間で看護師400人、介護分野で600人。(日経新聞

この件、以前から決まるといやだなーと思っていた件。例えば、急を要する手術とかで判断間に合うのかとか、難しい字で筆談しても分からなかったり間違うことがあるとも限らない。しかも時々ニュースでの犯罪などで、日本人の看護師などを聞くことが時々起きているので、尚更。

今回の決定は、日本の資格取得を義務付けるそうだが、多分当初は研修生扱い。また、資格取得の義務を明記されたので、ほんの少し安堵した。でも、やっぱ、個人的には好きになれない。

なお、月刊「技術士」の今年5月号に、看護婦/看護師の継続教育のことが掲載されている。ただし、継続的な教育内容を公にしたり、資格を継続するための教育制度という位置づけではなさそうだ。知らなかったが、「専門看護師」とか「認定看護師」とかもあるようだ。

医療事故などを含めて看護師等は重要職業なので、研修受け入れと同時に、資格継続のための制度作りが必要な気がするのだが。

©2005-2020 ほんだ事務所(honda-jimusyo) All rights reserved.