つれづれなる技術屋日記

しがない技術屋。専門は情報工学で、「つれづれ技術屋」って呼んで。

福島原発の漫画「いちえふ」

一昨日何気に本屋さんに行ったら、漫画のコーナーに少し大きめに福島原発の漫画がディスプレイされてた。お試しみたいな小冊子もあって、中をチラチラ見た。面白そうと思いながらも、その時は買わず。そしたら、昨日2日の「クローズアップ現代」で他の漫画と一緒に取り上げられたらしい。 「いま福島を描くこと ~漫画家たちの模索~」 http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail_3506.html 漫画は「いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)」 福島第一原発で作業した人が描いたもの。会社名や人名などは仮名だけど、大きなとこはそれっぽく分かる。 そもそもハローワークで応募するところから、話がスタート。現実的な側面が多く描かれてて、いろんな意味で参考になった。(実際の作業はないけど、宿泊料は天引きされるとか、、、。さすがに、印鑑を預けるのはほんとかな~、というかその都度捺印するやる方でも認めてくれそうに思うんだけど、、、。)
放射線被爆量の監視の仕方なども(今は違うのかもしれないが)結構細かく書かれてるし、作業員の息抜きみたいな話も出てくる。原発でなくても、労務管理などで参考になりそうな事が少なくない。 コミックには連載中のようだし、続編と言うか②巻も発行予定とのこと。②巻が出たら、そちらも購入しようと思う。

©2005-2020 ほんだ事務所(honda-jimusyo) All rights reserved.