つれづれなる技術屋日記

しがない技術屋。専門は情報工学で、「つれづれ技術屋」って呼んで。

電子単語カードを買う

今日は、スポーツ観戦。帰りに、電子単語カードを買う。

 

単語帳の電子版。自分の作成した表計算ソフトでの2列(単語と意味)を、その機械にダウンロードできる。資格試験の勉強などのため。筆記で記述問題のある試験だと、書きながら勉強した方が良い。だけどマークシート系の時は、余りこだわる必要は無い。パソコン等のデータを利用できるので、メリットある。しかも、最近”ペンだこ”の痛みがすぐに出る。握りが強いせいだろうけど、体力の回復力が落ちたんだろうな~。そのせいもあって、購入へ。

 

文具メーカーのコクヨから出ている。以前は画面サイズが小さくて自分の用途に合っていなかったので、記憶の外へ。最近見たら、新しい機種は文字数が増えていた。

 

色は、左以外にいくつかある。

 

PCへソフトをインストールして、表計算ソフト(2列)からのペーストで電子単語カードへ転送したら表示されたので、安心。特に自分は必要なかったので、既存のデータは削除して、自分のデータのみにした。

 

なお、使ってからアマゾンなどを探したら、(ポイント分を引いた後での)お店の値段よりもアマゾンの方が安くてショック。そんなことなら、アマゾンで買っておくべきだった。

 

これから機械買うときは、注意しておこう。

 

 

使ってみてありがたかったのは、文字サイズを大きく出来ること。いくつかの段階があるけど、最大では行き過ぎと思うくらい大きく出来る。”ペンだこ”の痛みもそうだけど、老眼の身にはありがたい。後は関連して気にしていることに、記憶力の衰えがあるけど、こればかりは仕方ない。

 

逆に、データの準備とか、体系的な理解も進んでないので、そちらの克服もちゃんとやらないといけない。ツールの用意だけじゃ、物事は進まないし完全とはならない。いつもの持論だけど、それを今回の電子単語カードで自分自身実践しないと。

©2005-2021 ほんだ事務所(honda-jimusyo) All rights reserved.