つれづれなる技術屋日記

しがない技術屋。専門は情報工学で、「つれづれ技術屋」って呼んで。

PDFの保護、マウスオーバーで判別できる

PDFファイルを扱うことが少なくなくて、いくつか要望なり課題を持ってるけど、PDFの保護(セキュリティ)の判別もその一つ。

ファイルを開いた後で、しおりや注釈を付けられないのが判明するのは、ちょっと作業効率悪い。自炊のファイルやダウンロードファイル、しかもダウンロードファイルに保護付きとそうでないのが混在しているためだ。フリーソフトに保護付きかも表示するらしいのを見かけたけど、インストールで不満だったか機能が不満だったかで使ってなかった。

今日何気に、Windowsエクスプローラー上でPDFファイルにマウスオーバーしたら、タイトルやページ数以外に「Encrypted:」の項目があるのを発見。"Encrypted:128-bits RC4"などと表示される。PDFファイルを開く前に判明するので、重宝しそうだ。

ちなみに、エクスプローラーでのファイルクリックで、ステータスバーとか詳細部分にファイルのタイトルなどが表示される。ただし、詳細部分には、保護(セキュリティ)状況は表示されない。また、ステータスバーには保護(セキュリティ)が表示されるが、文字コードによってはタイトル部分が非常に長くなってしまい保護(セキュリティ)は隠れてしまうことがある。

なので、マウスオーバーでのこの方法が、今のところ一番良さそう。ほんとは詳細部分に表示されれば言うことない。あるいは、マウスオーバーでの表示が、もう少し速く表示されれば良いんだけど、、、。

©2005-2020 ほんだ事務所(honda-jimusyo) All rights reserved.