つれづれなる技術屋日記

しがない技術屋。専門は情報工学で、「つれづれ技術屋」って呼んで。

「コッキーポップTV」を見れるとは、、、

帰ってみたら、配達物。少し大きめだったので、何だろうと思って開けたら、以前注文したDVD集。8枚セットだったけど、中身に対して数倍の大きさ。直ぐに、そのDVD集と分からなかった。

DVDは、「コッキーポップ TV」。1977年から放送されたTV番組。同じラジオ放送もあったけど、どちらも知ってる人は知ってて、知らない人はまったく知らない(当たり前か)。中島みゆきさんとか、N・S・Pとか、、、が登場する、いわば歌番組。ただし、歌番組と言うには、ちょっと異色かな。

早速再生。懐かしいか顔ぶれが登場する。も~う、感激。まさか、これらの映像を再び見ることが出来るとは思わなかった。覚えてる画面も少なくないし、何か水着のシーンとかアイドル歌手などのようにして背中の割れた衣装での様子を見ると、(コッキーポップでは珍しいシーンのせいなんだけど)どぎまぎしてしまうのはタイムスリップした気分のせいもあるのかも知れない。

つい先日は、NHKのBSで「ステージ101」のメンバーの映像も出たし、、。生きてて良かった~、てな感じ。

なお、「コッキーポップ TV」を目を凝らしてみると、化粧が結構厚い。女性もそうだけど、男性も。当時の放送技術では、そうやって見栄えを良くしようとしたため。「コッキーポップ TV」も、その例外になり得なかったということだろう。逆に、DVDにしろ最新のテレビは解像度が高い。そのために、ちょっとした違和感となるということだ。

で、本DVDは、ほぼ歌っているシーンのみ。ほんのすこし、”大石吾郎”さんの喋りが登場するくらい。大石吾郎さんと出演者との掛け合いとか、珍しい歌の披露も放送ではあったので、是非次のDVD販売を企画して欲しいと思う。無理かな~。

機会あれば、勉強会の後の宴会とかカラオケでこの中からいくつか歌おうっと。

©2005-2021 ほんだ事務所(honda-jimusyo) All rights reserved.