つれづれなる技術屋日記

しがない技術屋。専門は情報工学で、「つれづれ技術屋」って呼んで。

マイリストに「ソフトウェア組み合わせ生成ツール「PICT」の可視化」をアップ

マイリストに、表題のドキュメントをアップした。

All-pair(Pairwise)法によるソフトウェアテストの組み合わせ生成ツールの中での、 Microsoft社による”PICT”と呼ぶツールの可視化。具体的には、表計算ソフトのExcelで因子・水準の設定→結果表示を行なうようにした。ただし、PICTでの基本的な設定への対応のみで、重みづけとか禁則の指定へは対応していない。

Excelのマクロで実装したのには、理由がある。All-Pair法に基づくテストケース生成ツール"ALLPAIRS"利用を支援するExcelアドイン「AssistAllpair」があり、それとの因子・水準の共用を考えたため。矩形領域を指定して実行する操作方法も似せた。

ちなみに「AssistAllpair」は、moonlightさんの作でフリーソフト。"ALLPAIRS"はJames Bachさんの作。ただし、本Excelファイルにはそれらのアドインは含んでいない。

#個人的にはMac使いなので、”PICT”はMacでの画像ファイル形式の代表的な形式名と同一のため組み合わせツールの名称を別にして欲しかった。

PICTと"ALLPAIRS"(/AssistAllpair)をさらっと勉強した事になる。後、組み合わせテスト生成ツールで勉強すべきと思っているのに「 Intelligent Test Case Handler」がありダウンロードまではやったけど、使ってみるのは先になりそう(他が忙しい)。個人的には、「 Intelligent Test Case Handler」のように開発ツールに組み込む方法は、上流設計への利用や自動化と結びつける際のメリットとなると思っている。

©2005-2020 ほんだ事務所(honda-jimusyo) All rights reserved.