つれづれなる技術屋日記

しがない技術屋。専門は情報工学で、「つれづれ技術屋」って呼んで。

人間ドッグにて

今日は、「人間ドッグ」。最近は会社の健康センターでエコーを撮ってくれないので、定期健診も人間ドッグの病院へ。(ただし、バリウム苦手で、今回それはパス。)

ここ3回ほど、同じ所。結構てきぱき処理してくれるし、それなりの昼食出てたし近いので、利用している。(ただし何となく今回の昼食は今一。)

先週から少し運気が悪いので、気にしていたら、、、。そもそも着替えでのロッカーの場所が、着替えメンバー間で近い。着替えにくくてしょうがなかった。一旦、他の人が着替え終わるのを待つ事にした。ロッカーの番号を、10番、20番、30番とかにすればいいのに。早い話、mod処理。

他の人が着替え終わり、やれやれと思って着替えようとすると、今度は着替えの時のパジャマみたいなのが上着の二つのみである事に気がつく。つまりズボン無し。急いで再度自分のズボンを履いて、係の人に言う。

「こんな事もあるんだ〜」と妙に感心したり、どんなやり方だと、そんな間違いが起きるんだ〜と少し脳みそがぐるぐる。ロッカーの所まで、上下に分けて持ってくるると思われる。クリーニングの所で上下揃えたら、きっとコスト高なのかな。

昼食後に結果を聞けたが、新しい要注意項目が。聴力とか尿酸。やはり運気が悪い。もちろん、運という非科学的な事じゃ無いのは分かってるんだが。

それにしても、会社の健康センターの業務は、効率化のためにどんどん縮小。他の会社もそうだ。昔、会社の健康センターで、胃カメラ呑んだ頃が少し懐かしい。(その時の原因は、胃ではなくて、尿路。)

人間ドッグもそうだが、大きな病院での病院システムには敬服するばかり。カードで処理が進んでく。今日の人間ドッグも、昨年のレントゲンとの比較の話も聞けたりする。

最近は、大きな病院の前に、近くの病院や診療所での受診を勧めている。

それはそれで分かる。が、病名や原因が分かっている時はいいが、そうでない時が一苦労する。小さな病院とかでは設備が小さい所が少なくない。何度も検査する羽目になる事がある。プライバシーの事をとやかく言う人がいるけど、せめて人間ドッグのデータ位そんな所でも閲覧可能なシステムが早く出来て欲しいものだ。

©2005-2020 ほんだ事務所(honda-jimusyo) All rights reserved.